常温常湿希望

温度20℃湿度50%が理想です。

高円宮家所蔵 根付コレクション@國學院大學博物館

明治神宮に花菖蒲を見に行った帰り、國學院大學博物館へ寄りました。
f:id:Melonpankuma:20170616213848j:plain ただ今、國學院大學創立135周年・國學院大學院友会発足130周年記念特別展「高円宮家所蔵 根付コレクション」展が開かれています。
f:id:Melonpankuma:20170616213909j:plain

本展は全て撮影可です。

展示室には、根付、緒締、印籠合わせて300点近くの作品が並びます。当然ながら、全て小さく、造形が細かいので、単眼鏡があると便利です。f:id:Melonpankuma:20170616214235j:plain

どれもこれも、細やかな細工が見事です。そして、たまにクスっと笑ってしまうものもあります。
《干しやまめ 桑原仁 象牙 2000年 10.5cm》
f:id:Melonpankuma:20170616214243j:plain

《七輪 桑原仁 象牙、金網 2001年 4.1cm》
f:id:Melonpankuma:20170616214242j:plain

《かぶと虫 河原明秀 黄楊、象牙、鼈甲 1980年 7.4cm》
f:id:Melonpankuma:20170616214241j:plain

《福わらい 山田洋治 黄楊 1996年 4.1cm》
《毛ウケゲン 山田洋治 黄楊 1990年 5.3cm》
《ぬっぺぽう 山田洋治 黄楊 1996年 4.2cm》
f:id:Melonpankuma:20170617165651j:plain

《夕霧 駒田柳之 象牙  1995年 5.6cm》
《花魁 駒田柳之 マンモス牙 1991年 5.6cm》
《久米仙人 駒田柳之 象牙 1988年 12.5cm》
《幽霊 駒田柳之 鹿角 1992年 7.4cm》
《鳥追 駒田柳之 黄楊 1992年 6.2cm》
f:id:Melonpankuma:20170617165629j:plain

《(古根付)猩々 光雲 象牙象嵌 19世紀 4.7cm》
f:id:Melonpankuma:20170616214240j:plain

《(古根付)西王母 景利 象牙、鉄刀木 19世紀 3.2cm》
f:id:Melonpankuma:20170616214239j:plain

《(古根付)達磨 東谷 木、象牙 19世紀 3.3cm》
f:id:Melonpankuma:20170616214238j:plain

印籠の展示もありました。

《(根付)チーズバーガー 細谷絹代 木、漆、貝 1998年(緒締)シェイク 細谷絹代 象牙、漆、アクリル 1998年(トンコツ)フライドポテト 高木喜峰 黄楊 1998年》
f:id:Melonpankuma:20170616214456j:plain
どうしたって、M字マークのフライドポテトが目立ちます。トンコツというのは、木などの固い素材でできた煙草入れの総称だそうです。

 

本展の根付がとても魅力的だったので、これからは積極的に和装もしようかなと思いました。 

水墨の風 ― 長谷川等伯と雪舟@出光美術館

岩佐又兵衛展以来、半年ぶりの出光美術館
f:id:Melonpankuma:20170610152911j:plain

「水墨の風 ―長谷川等伯雪舟」展、初日に伺いました。

f:id:Melonpankuma:20170610152917j:plain

墨の濃淡によって生み出されるグラデーションが、画面に無限の奥行きと広がりをもたらす水墨画。中国を発祥とするこの斬新な絵画表現は日本にも伝播し、室町時代を経て独自の表現美を獲得することとなりました。本展では、この東洋独自の絵画表現である水墨画の魅力を、「風」をキーワードに迫ってゆきます。

続きを読む

常設展@東京国立博物館

またまたゴールを東博に設定してウォーキング。南側、西郷隆盛像のある方から上野公園に入って進むと野球場があります。
f:id:Melonpankuma:20170606191509j:plain

いつもと違う方向から歩いたからか、正岡子規の句碑を見つけました。この野球場は、正岡子規記念球場というそうです。

「春風や まりを投げたき 草の原」
f:id:Melonpankuma:20170606191510j:plain
今まであまり気にしていなかったのですが、ゴールデンウィーク松山市に行ったばかりなので、何かピンと来るものがあったんでしょうかねえ。

melonpankuma.hatenablog.com

 

そして、いつもの風景。梅雨前の涼しさで、とても過ごしやすい日でした。
f:id:Melonpankuma:20170606191508j:plain
ウォーキングで前回来た時は、くたびれて禄に観られなかったのですが、今回は単眼鏡も持ってきたし、二度目の余裕から余力十分で観賞に問題なし。 主庭のベンチで休憩した後、いつものように、単眼鏡を手に本館へ向かいます。

以下に、気になったものを記します(◉は国宝、◎は重要文化財、◯は重要美術品)。

  • 本館 3室 禅と水墨画―鎌倉~室町
  • 本館 3室 宮廷の美術―平安~室町
  • 本館6室 武士の装い―平安~江戸
  • 本館 13室 刀剣
  • 本館 14室 日本の仮面 舞楽面・行道面
  • 本館 16室 アイヌ琉球 アイヌの祈り
  • 本館 18室 近代の美術
続きを読む

行ける工場夜景展@TODAYS GALLERY STUDIO

浅草の寄席の後、浅草橋に移動してTODAYS GALLERY STUDIOへ。

f:id:Melonpankuma:20170603192626j:plain

こちらでは、その場所に“行ける”ことをコンセプトにしたアート体験が楽しめる写真展「行ける工場夜景展 2017」が開催中。
f:id:Melonpankuma:20170603192623j:plain

以前、工場地帯に住んでいたことがあるので、知っている風景があるんじゃないかと思って来てみました。しかし、どの辺から撮ったのかわかるのだけれど、私がよく知っている風景ではないのが、不思議。f:id:Melonpankuma:20170603192624j:plain

写真家の目を通すと、あの工場地帯が、こんなにも美しい風景になるのかと、驚かずにはいられません。f:id:Melonpankuma:20170603192625j:plain
ヘルメットを被って安全靴を履いて見る時とはまた違った風景ばかりでした。次に、あの場所に行く時には、もっと違う目で配管を見ることができるかもしれません。

 

写真撮影可。入場料500円で、ポストカードのプレゼントがあります。

風神雷神図屏風@東京国立博物館

このところの運動不足を解消するため、ゴールを上野にしてウォーキング。ビル影を縫って進むも、5月の日差しは容赦ない。日陰を歩いているうちはよかったけれど、上野公園に着いて日差しを浴びたらどっと疲れが出ました。

日陰で少し休憩した後、トーハクへ。f:id:Melonpankuma:20170530154937j:plain

7室が展示替えしていました。

《◎風神雷神図屏風 2曲1双 尾形光琳筆 江戸時代・18世紀》
f:id:Melonpankuma:20170530154941j:plain
国宝にしていされている宗達の最高傑作を光琳が模写したもの。宗達のものにアレンジが加わり、原色を用いて色鮮やかに2神の姿を浮かび上がらせ、両者を中央に寄せて構図の安定をはかり、視線を交わし両者の関係性をより強調する意図がみられる。
仏教での風神と雷神は風雨を司り仏法を守る役割を担う。もともと千手観音の眷属で、他の二十八部衆とともに尊崇された。

この屏風の裏には本来、酒井抱一の夏秋草図屏風があった。つい先日のセミナーで、本屏風を所有していた一ツ橋家のすぐ近所に抱一が住んでいた上屋敷があったことから、ご近所の縁で一ツ橋家の依頼で裏に絵を描き、その後、江戸琳派の発展に繋がったという話がありました。つまり、江戸から明治を超えて東京に続く琳派の流れは、この絵から始まるということ。

melonpankuma.hatenablog.com

抱一もこの屏風を写していて、そちらは出光美術館所蔵。昨年、出光美術館開館50周年の美の祝典Ⅲに展示されていました。

melonpankuma.hatenablog.com

《扇面流図屏風 6曲1双 宗達派 江戸時代・17世紀 東京・大倉集古館蔵》
金地の6曲1双に白波が立ち、そこに40面もの色とりどりの扇が流れていく様が描かれている。扇は貼り付けではなく直接描かれたもの。流れは右から左に。扇は左にいくほどに乱れ、密度濃く描かれて、吹きだまっているように見える。扇ひとつひとつに和歌、草花などを画題にした絵が描かれている。

 

あまりに疲れすぎて、この他を回る気力がありませんでした。近いうちに単眼鏡を持って、また改めて見に来ます。

常設展@国立科学博物館

朝から築地でアジ刺し。

melonpankuma-rakugo.hatenadiary.jp

その後、夫の要望で築地本願寺へ。毎月貰える参拝記念カードが12枚集まったので、なにやら記念品が貰えると。いつの間にそんなものを集めていたのか。

寺院での法要等に、仏を供養するたの散華の際、現在では蓮の花びらを模した色紙を撒くそうで、このカードはその色紙(華葩:けは)をイメージしたものなんだそうです。
f:id:Melonpankuma:20170527183814j:plain
築地らしい絵が多くて面白い。中央のカードは、お坊さんがターレーに乗っていますね。

この後、日比谷線で上野に移動して国立科学博物館へ。

f:id:Melonpankuma:20170527181426j:plain

www.kahaku.go.jp

特別展の大英自然史博物館展はまだまだ大盛況。整理券を配っているはずですが、大勢の人が入場券売り場に列をなしていました。

melonpankuma.hatenablog.com

 

今回、私は常設展へ。科博の常設展をじっくり見て回りたいと常々思ってはいますが、これがなかなか。上野の施設はことごとく私の時間を奪いに来るので、本当は興味のあるところがまだ他にもたくさんあるのですが、きちんと回れた試しがない。間違いなく、原因は東博にあります。あそこがいけないんです。

 

  •  ディスカバリートーク 
  • 地球館3F 大地を駆ける生命
  • 地球館2F 科学技術で地球を探る
  • 地球館B1F 地球環境の変動と生物の進化 -恐竜の謎を探る-
  • 日本館2F北翼 日本人と自然
続きを読む

常設展@東京国立博物館

上野にはしょっちゅう来ているのに、ゴールデンウィークを挟んでずいぶんと間を空けてしまい、久しぶりの東博詣でとなりました。それにしてもよい天気。本館の正面から主庭を見ると、まるでスーラーの絵の中にいるような光です。
f:id:Melonpankuma:20170523094429j:plain

 

いつものように、気になった作品を以下にメモとして残します(◉は国宝、◎は重要文化財、◯は重要美術品)。

  •  本館2室 国宝 法華経 巻第一(浅草寺経)
  •  本館3室 仏教の美術―平安~室町
  • 本館3室 宮廷の美術―平安~室町
  • 本館3室 禅と水墨画―鎌倉~室町
  • 本館7室 屏風と襖絵―安土桃山~江戸
  • 本館8室 暮らしの調度―安土桃山・江戸
  • 本館8室 書画の展開―安土桃山~江戸
  • 本館10室 浮世絵と衣装―江戸(浮世絵)
  • 本館特別2室 幕府祈願所 霊雲寺の名宝
  • 本館12室 漆工
  • 本館15室 歴史の記録 雛形
  • 本館18室 近代の美術

 

続きを読む