常温常湿希望

温度20℃湿度50%が理想です。

六本木開館10周年記念展 天下を治めた絵師 狩野元信@サントリー美術館

台風の影響が心配された連休二日目は、小雨の中、ちぃばすでトロトロと六本木ミッドタウンへ。
f:id:Melonpankuma:20170918144809j:plain

サントリー美術館六本木開館10周年記念の狩野元信展に行きました。
f:id:Melonpankuma:20170918144828j:plain

www.suntory.co.jp

狩野元信(1477?~1559)は、室町時代より長きにわたり画壇の中心を担ってきた狩野派の二代目です。狩野派とは、血縁関係でつながった「狩野家」を核とする絵師の専門家集団であり、元信は始祖・正信(1434~1530)の息子として生まれました。元信は極めて卓越した画技を持ち、その作品は歴代の狩野派絵師の中で最も高く評価されていました。

以下に、気になったものをメモとして残します。(真)(行)(草)と示したのは、展示の説明書に付けられた狩野派の画体区分です(◎は重要文化財、◯は重要美術品、◆は京都府指定有形文化財、◇は京都市指定有形文化財)。

  • 第1章 天下画工の長となる ― 障壁画の世界
  • 第2章 名家に倣う ― 人々が憧れた巨匠たち
  • 第3章 画体の確立 ― 真・行・草
  • 第4章 和漢を兼ねる
  • 第5章 信仰を描く
  • 第6章 パトロンの拡大
続きを読む

江戸の琳派芸術@出光美術館

台風接近の連休初日、出光美術館へ行きました。
f:id:Melonpankuma:20170916234416j:plain

出光美術館で16年ぶりとなる江戸琳派展(リンクはキャッシュ)です。観ないわけにはいきません。
f:id:Melonpankuma:20170916234437j:plain

若いころから遊里・吉原にあそび、俳諧狂歌、そして浮世絵など、市井の文化に親しく触れた抱一は、30歳代なかばころより、尾形光琳(おがた こうりん 1658 - 1716)の作風に傾倒してゆきます。光琳の芸術を発見したことは、抱一の画業に最大の転機をもたらす一大事だったといえます。抱一は、光琳を隔世の師と仰ぎ、その表現を積極的に受容、みずからの絵画制作に大いに生かしましたが、それは一律にオリジナルの忠実な再現を目指したものばかりではありませんでした。光琳の芸術に真摯に向き合い、ときに大胆にそれを乗り越えようとする試みこそが、抱一をはじめとする〈江戸琳派〉の画家たちの、光琳に対する敬慕の証しであったといえるでしょう。

  • 第1章 光琳へのまなざし  ─〈江戸琳派〉が〈琳派〉であること
  • 第2章 〈江戸琳派〉の自我 ─光琳へのあこがれ、光琳風からの脱却
  • 第3章 曲輪の絵画 ─〈江戸琳派〉の原点
  • 第4章 〈琳派〉を結ぶ花 ─立葵図にみる流派の系譜
  • 第5章 師弟の対話 ─抱一と其一の芸術
続きを読む

江戸美術の革命ー春信の時代@千葉市美術館

なんとか春信展を観終わったと思ったら、春信にちなんだ千葉市美術館の所蔵作品展が続いていました。足は悲鳴を挙げていたし、集中力も限界に近かったけれど、せっかくの機会だから観ないわけにはいきません。

www.ccma-net.jp

ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信」に併せて開催する千葉市美術館の所蔵作品展では、「春信の時代」として、この宝暦から明和(1751-71)という時期に的を絞って各地の動きを探ります。今から約250年前の20年というごく限定した時間内に生まれた絵画作品の数々をご覧いただきますが、応挙、若冲蕭白、大雅といった作者の顔ぶれに、春信を輩出した時代の息吹を感じ、ご堪能くだされば幸いです。

以下に気になったものをメモとして残します(所蔵先がないものは全て千葉市美術館蔵)。

新しい風

《筆者不詳/柏岩性節賛 隠元隆琦像 紙本着色 3幅のうち1幅 延宝元年(1673)以前 個人蔵》
隠元隆琦は高徳の明僧で、1654年に渡来して黄檗萬福寺を開創した。柏岩性節はその弟子。東博の禅展でもいくつかの隠元像を観たが、似たような印象。

白隠 半身達磨 紙本墨画 1幅 18世紀中期 個人蔵》
横長の紙の右寄りに、力強い早い筆の動きで達磨が描かれている。その左に、直指人心見性成仏と書かれている。有名な禅宗用語で、真理は心の外ではなく心の中にある。生まれながらに持っている仏性を体得せよというもの。

《不詳(イギリス製か) 反射式覗き機関(覗き眼鏡) 1基 18世紀後期 個人蔵》
45度傾けた鏡に映した絵をレンズを通して見るための装置。円山応挙展で彼が得意とした眼鏡絵というのがあったが、どうやらこれを使ってみる絵のことらしい。

京都――蕪村、大雅、蕭白若冲、応挙、それぞれの始動

《丸山応挙 雪景山水図襖(円満院旧蔵) 紙本墨画 襖19面のうち10面 明和期(1764~72)》
静謐な雪景を墨一色で描いた襖10面が並ぶ。

曾我蕭白 獅子虎図 紙本墨画 2曲1双 宝歴(1751~64)頃》
左隻に描かれている虎は、細い竹がしなるほどの風を嫌がって顔をしかめているし、右隻の獅子は、牡丹の花から飛び立った蝶に驚いて跳ね逃げている有様。強いはずの二頭がやけにユーモラスに描かれている。

曾我蕭白 寿老人・鹿・鶴図 紙本墨画 3幅 宝歴8、9年(1758、59)頃 個人蔵(委託)》
中幅に寿老人、右幅に鹿、左幅に鶴の三幅対。
寿老人を見上げる亀と、やけに雑な鹿が印象的でした。

伊藤若冲 寿老人・孔雀・菊図 紙本墨画 3幅 宝歴(1751~64)中・後期頃》
中幅に寿老人、右幅に孔雀、左幅に菊の三幅対。濃墨と淡墨を効果的に使って描かれている。寿老人は後ろ姿。筋目描きで描かれた菊や孔雀の羽毛の表現はさすがとしか言いようがない。

伊藤若冲 鸚鵡図 絹本着色 1幅 宝暦(1751~64)後期~明和期(1764~72)頃》
豪華な装飾のある赤い止まり木に止まり、左を向くタイハクオウム。冠羽を軽く立てて軽く緊張している。羽毛が細やかに書き込まれている。この赤い止まり木の白いオウムの絵は他にもいくつかあり、そのうちのひとつ、ちょうど反転して描いたようなものがボストン美術館に収蔵されている。

池大雅 渓行放情図・富嶽春景図・李白詩意図 紙本墨画 宝歴13年(1763) 西谷コレクション 寄贈》

右幅は山々が連なり、中幅は尾根から見える富士山、左幅は切り立った山々を縫うように続く川が描かれている。軽舟已過万重山とあることから、李白の詠んだ「早発白帝城」の軽舟已に過ぐ万重の山が描かれている。

 

南蘋画風の広まり

 《宋紫石 雨中軍鶏図 絹本着色 1幅明和8年(1771) 個人蔵(寄託)》

横殴りの強い雨の中、胸を張って立つ軍鶏。
宋紫石は江戸時代中期の沈南蘋派の画家。江戸で沈南蘋派の花鳥画を広めた。

出版界の革命 モノクロームとカラー

《勝間龍水 絵本海の幸 彩色摺絵入俳諧本 2冊 寛永12年(1762)》
春信に先駆けた多色刷りの絵本。青魚にキラが入っている。

伊藤若冲『乗興舟』 (部分) 紙本木版正面摺 1巻 明和4年(1767)頃》
伊藤若冲相国寺の大典和尚と淀川下りをした時の感興を絵画化した拓本画。東博で大倉集古館蔵を見た。

《(諸家) 賞春芳帖 紙本木版正面摺 1帖 天命2年(1782)刊 ラヴィッツコレクション》
京都の漢学者や医師が都の春景色を賞美した漢詩を作り、伊藤若冲池大雅円山応挙などの拓本画で画帖としたもの。展示されていたのは、柚木太淳の漢詩若冲の萩の絵が添えてあった。

春信敬慕 ー近現代の画家による

《フリッツ・カペラリ 猫を抱く少女 木版多色摺 大正4年(1915)》
屏風の傍ら、黒猫を膝にしゃがみこむ赤い腰巻きだけの日本髪の女が描かれている。オーストリアの版画家で、1911年に来日し第一次世界大戦の影響で帰国できず、10年間の日本滞在中に浮世絵の影響が強く感じられる版画を制作した。
本作と《鏡の前の女(立姿)》は春信の作品と似た印象があって目が止まった。

 

千葉市美術館が素晴らしいコレクションを持っているというのは前々から聞いていましたが、実際、とても充実していました。しかし、こんな疲れきった状態でなく、別の機会で見たかったというのが本音で、初見の感動なんて得られませんでした。後半は集中力が切れて禄に見ていません。

 

足の痛みを堪えつつ、美術館の近くにある乃が美で予約しておいた生食パンを購入。なんとか千葉駅まで戻って、スタバでようやく一息つけました。

f:id:Melonpankuma:20170910203105j:plain

ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信@千葉市美術館

ざっと十年ぶりに千葉中央駅に降りました。昔とはすっかり様変わりしていて、迷いそうでした。駅から歩いて15分ほどで千葉市美術館に到着。千葉市中央区役所を兼ねた立派な建物です。
f:id:Melonpankuma:20170910203101j:plain
元は昭和2年に建てられた旧川崎銀行千葉支店の建物で、それを覆うように、新しい建物が作られました。一階には、八本の円柱が並ぶネオ・ルネサンス様式の空間である、さや堂ホールがあります。

 

千葉市美術館では、現在「ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信」を開催しています。f:id:Melonpankuma:20170910203102j:plain

harunobu.exhn.jp

鈴木春信 (1725?‐1770)は、 錦絵にしきえ創始期の第一人者として知られる浮世絵師です。この展覧会では、質・量ともに世界最高の春信コレクションを誇るボストン美術館の所蔵品から、選りすぐりの作品を展観します。

プロローグからエピローグまで7章に分けての展示です。

  • プロローグ 春信を育んだ時代と初期の作品
  • 第1章 絵暦交換会の流行と錦絵の誕生
  • 第2章 絵を読む楽しみ
  • 第3章 江戸の恋人たち
  • 第4章 日常を愛おしむ
  • 第5章 江戸の今を描く
  • エピローグ 春信を慕う

以下、気になったものをメモとして残します(所蔵元のないものは全てボストン美術館所蔵品)。

続きを読む

常設展@東京国立博物館

今日も8月上旬に行った東博の記録。
f:id:Melonpankuma:20170810154339j:plain

  • 本館 2室 国宝室
  • 本館 7室 屏風と襖絵―安土桃山~江戸
  • 本館 8室 暮らしの調度―安土桃山・江戸
  • 本館 8室 書画の展開―安土桃山~江戸
  • 本館 10室 浮世絵と衣装―江戸(浮世絵)
  • 本館 10室 浮世絵と衣装―江戸(衣装)
  • 本館 高円宮コレクション室 根付 高円宮コレクション

既に展示を終えたものが多いようです。以下、気になったものをメモとして残します(◉は国宝、◎は重要文化財、◯は重要美術品)。

続きを読む

常設展@東京国立博物館

8月上旬、東博の東洋館に中国絵画を観に行きました。既に展示は終わっていますが、記事にしておかないと忘れるだけなので投稿します。

f:id:Melonpankuma:20170810175518j:plain

東洋館 8室 中国の絵画 墨の戯れ―文人の愛した植物たち―

風雪に耐え、冬でも青さを保つ松と竹、百花に先駆けて寒中に花を咲かせる梅、山谷で人知れず馥郁たる香りを放つ蘭、これらはいずれも君子の徳を体現する植物として、古くから文人に愛されてきました。文人たちは、書画一致の理想を持ち、自身の高潔な精神の発露を筆墨に託して、これらの植物を描いてきました。絵画を生活の糧とする職業画家とは異なる制作態度を強調するため、その作品はあくまで「墨戯」であると称されました。14世紀から18世紀にかけての文人墨戯作品の魅力を紹介します。 

いつものように、気になったものをメモとして残します。(◎は重要文化財)。

続きを読む

奈良美智 for better or worse @豊田市美術館

奈良美智の展覧会を目当てに豊田市美術館へ行きました。
私にとっては、2006年の青森県弘前市の吉井酒造煉瓦倉庫で開催された「Yoshitomo Nara + graf: A to Z」展、2012年に横浜美術館で開催された「奈良美智: 君や 僕に ちょっと似ている」展の後、久しぶりの大規模な展覧会となりました。今回は海外からの個人蔵作品も多く展示されるということから、見逃すわけにはいかないなと、重い腰を上げて新幹線に乗り込みました。

豊田市駅から案内の表示どおりに歩いたら美術館の裏手に着きました。敷地をぐるりと回って美術館の二階に出ると、大きな池に青空が写ってきれいでした。
f:id:Melonpankuma:20170827181043j:plain

エントランスは一階にあります。
f:id:Melonpankuma:20170827181042j:plain
一階は緑の芝生が広がっていて、ここからの風景も美しい。

チケットを持っていたので、開館一番乗りで入りました。
f:id:Melonpankuma:20170827181041j:plain

奈良美智 for better or worse

奈良が学生時代を過ごした長久手の丘陵にほど近い美術館で開催されるこの展覧会は、作家によれば30年越しの「卒業制作」。1987年から最新作までの作品100余点により作家の歩みを紹介するとともに、美術を志す前の奈良の感性を育んだレコードのジャケットや書籍などを展示することでそのルーツをたどります。

「for better or worse」、すなわち「どのような運命になろうとも」、奈良がこれまで描いてきた、そしてこれから描いていくすべての作品へむけた誓いの展覧会です。

事前にミュージアムショップが混むという情報を得ていたので、展示を見る前にグッズを購入し、荷物をロッカーに入れてから展示室に向かいました。

1階の展示室に入ってすぐは、壁面に奈良氏が学生時代に親しんだレコードや書籍、古い人形等が飾られていました。私もよく聞いたミュージシャンや作家の作品も多くて、懐かしい気持ちになりました。

展示の様子は、奈良氏が Twitter で細かくレポート(#夏の豊田市美術館 from:michinara3 - Twitter Search)しているので、それを見るのが一番わかりやすいでしょう。写真でも分かるとおり、インスタレーションも大変凝っていて、どの部屋もついつい長居してしまいます。コーヒーがあれば、一日ここでのんびり過ごしたい気分になります。しかし、展示室での飲食は禁止されていますから、余韻のあるうちに南青山の A to Z cafe にランチに行こうと思いました。

aglolywithatable.net

2階の展示室にある Voyage of the Moon に入るには整理券が必要です。第一展示室を回ってから整理券を貰いに行ったら11時半の分だったので、時間がくるまで他の作品を見ることにしました。午後の整理券配布には長い行列ができていたので、先に見てしまった方が待ち時間が少なくすむと思います。

挙げていったら限がないのですが、特に心に残ったものを作品名だけここに残しておきます。

17《The Girl with the Knife in Her Hand 1991年 アクリル、カンヴァス ヴィッキ&ケント・ローガン夫妻、サンフランシスコ近代美術館》

22《Mumps 1999年 アクリル、綿布を貼ったカンヴァス 青森市美術館》

39《UKIYO 1999年 ペン、色鉛筆、アクリル、紙 ジャック・ブラック氏蔵》

52《Under the Tree 2006年 色鉛筆、アクリル、厚紙 作家蔵》

60《Dream Time 2011年 色鉛筆、紙 個人蔵》

78《奈良美智+graf Voyage of the Moon (Resting  Moon) / voyage of the Moon 2006年 ミクストメディア 金沢21世紀美術館

82《FROM THE BOMB SHELTER 2017年 アクリル、綿布を貼ったカンヴァス 作家蔵》

91《Suprout the Ambassador 2007年 アクリル、カンヴァス 個人蔵》

95《No Means No 2014年 アクリル、カンヴァス 個人蔵》

98《Dead of Night 2016年 アクリル、カンヴァス 個人蔵》

 

展示を一回りしたら正午を過ぎていて、レストランで休憩しようと思いましたが、店前の大行列に断念。ここでのランチを諦め、豊田市駅前まで戻って名古屋グルメを堪能することに。f:id:Melonpankuma:20170827181040j:plain
味噌とソースの二種類楽しめて、満足しました。

 
豊田市からの帰りは名古屋駅経由。売店でオカザエモンのキャラメルを手にしてしまいました。右は、奈良美智展の限定ショップのショッパー。どちらも白黒でおかっぱヘアスタイルなのに、この印象の違いが可笑しくてつい。f:id:Melonpankuma:20170827181039j:plain