常温常湿希望

温度20℃湿度50%が理想です。

迎賓館特別参観@迎賓館赤坂離宮

迎賓館赤坂離宮で12月22日から24日までの3日間、「迎賓館特別参観」が行われていました。クリスマス前に優雅な気分に浸ろうと、キラキラ大好きな姪っ子と一緒に行ってきました。

f:id:Melonpankuma:20171225110007j:plain

迎賓館は、かつて紀州徳川家の江戸中屋敷があった広大な敷地の一部に、明治42年(1909)に東宮御所(後に赤坂離宮となる。)として建設されたもので、当時日本の一流建築家や美術工芸家が総力を挙げて建設した日本における唯一のネオ・バロック様式の西洋風宮殿建築です。

 

www8.cao.go.jp

本館の一般参観は、普段は西玄関から入りますが、今回初めて正面玄関が公開されました。クリスマスで華やいだ季節ということもあって、とても賑わっていました。
f:id:Melonpankuma:20171225110008j:plain
SNSで混雑情報を調べると、平日の昼で荷物検査待ち一時間とかだったので、かなり覚悟して突入したのですが、大して待つこともなくスムーズに入館できました。

正面玄関前で入場チケットのチェックを受けて入りました。まずは、玄関の市松模様の床を通り、そして、大ホールからは遠すぎてよくわからず、迎賓館に来る度に歯がゆい思いをしていた中央階段の赤い大理石ルージュ・ド・フランスを見ました。さすがに中央階段を通って二階に上がるコースではなかったのですが、それでも満足です。

コースは、正面玄関から入館し、玄関ホール、彩鸞の間、花鳥の間、大ホール、羽衣の間と通って、藤田嗣治の天井画が二点展示されている西玄関から退館しました(朝日の間は改修中のため閉鎖)。 大変混雑しているので、あまり立ち止まる余裕がないのが残念でした。

これまでも参観していますが、何度来てもよいところです。

本館を出た後、正庭に回りました。
f:id:Melonpankuma:20171225110009j:plain
いつもながら、青空に白亜の宮殿が映えます。

ちなみに、13時半に赤坂離宮を離れた時には、入場制限になっていました。我々タイミングがすこぶる良かったようです。