読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

常温常湿希望

温度20℃湿度50%が理想です。

伊佐爾波神社

山口氏のアート作品を求めて道後温泉をぶらぶら回っていた途中、道後エトランゼマップでみかけた風景に行き当たり、まだこの頃は体力もあったので寄り道。伊佐爾波神社です。

階段をふーふー言いつつ、数えながら上りました。
f:id:Melonpankuma:20170508162532j:plain

こちら、135段を上りきったご褒美の風景。
f:id:Melonpankuma:20170508162534j:plain

伊佐爾波神社は、延喜式平安時代の法令集)にも名前がある古い神社です。祭神は、神功皇后仲哀天皇応神天皇、三柱姫大神。今の御社殿は江戸初期、寛文7(1667)年に竣工したので、八幡造りの社殿です。本殿全体が国の重要文化財に指定されています。

楼門。
f:id:Melonpankuma:20170508162533j:plain
色鮮やかで獅子や龍の彫刻が美しい建物です。

廻廊から見る本殿。
f:id:Melonpankuma:20170511144757j:plain

回廊をぐるっと回って後ろから見る後殿(内陣)。
f:id:Melonpankuma:20170508162535j:plain
檜皮葺の御屋根が見事です。

廻廊には奉納された板絵が飾られています。
《和藤内の虎退治 豫州 今治 山本雲渓 文政12年(1829)》
f:id:Melonpankuma:20170511144816j:plain

算額(和算の絵馬)の復元奉納品。
f:id:Melonpankuma:20170508162537j:plain
算額は、和算愛好家が難問が解けることを祈って奉納したもので、伊佐爾波神社には全国でも珍しく22面もの算額が残されていることから、「算額の宝庫」として知られているそうです。
上の復元品は、關家喜多次の算額で現在は失われているもの。「いま図のように、円弧内青、黄、赤、白、黒の5円を入れる。青縁の直径、赤円の直径、黒円の直径が分かっているとき、白円の直径はいくらか」というもの。

愛媛県有形民俗文化財に指定されているそうですが、傷みが激しいので写真だけ公開されています。
f:id:Melonpankuma:20170511144831j:plain
どの問題もさっぱりでした。

伊予の国は学問の盛んな土地だったのですね。