読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

常温常湿希望

温度20℃湿度50%が理想です。

BABEL Higuchi Yuko Artworks 原画展@TOBICHI

バベルの塔展の興奮覚めやらぬ中、南青山のTOBICHIで開催中のヒグチユウコさんのバベル展を観に行きました。

www.1101.com

まずTOBICHI へ。常設ショップの奥に、ヒグチユウコ氏のギュスターヴくんの複製画が展示販売されています。

f:id:Melonpankuma:20170422203147j:plain

そして、ブリューゲルの《 大きな魚は小さな魚を食う》のオマージュ作品を背景にした撮影スポットもあります。
f:id:Melonpankuma:20170422203148j:plain
ブリューゲルの世界に違和感なく馴染む、ギュスターヴくんやひとつめちゃんたち。

バベルの塔展のキャラクター、タラ夫もいました。ヒグチユウコさんの絵でおなじみのギュスターヴくんとひとつめちゃん、金魚たちとも仲よさげです。
f:id:Melonpankuma:20170422203149j:plain
撮影のために自由に使えるワニの被り物がありましたが、恥ずかしがり屋なので被れませんでした。

バベルの塔」展の半券をTOBICHIに持っていくと、タラ夫の名刺がもらえます。半券を忘れないようにしましょう。

 

TOBITHIから乃木坂方向に少し進むとTOBICHI②があります。こちらがメイン会場。BABELのポスターと飛び出し坊やが目印です。飛び出し坊やもヒグチ氏の作品です。お見逃しのないように。
f:id:Melonpankuma:20170422203150j:plain
展示スペースが狭いのですぐ人が溢れます。この日の待ち時間は30分くらいでした。

階段で二階に上がると、ボスの《放浪者》《ムール貝》《樹木人間》、ブリューゲルの《バベルの塔》《大きな魚は小さな魚を食う》《大食》《忍耐》、マールテン・ファン・ヘームスケルクの《バベルの塔の崩壊と人々の離散》等々オマージュ作品が並びます。原画の傍に小さくですが元画のプリントが展示されているので、見比べられます。

物販がとても充実しています。大きな魚は小さな魚を食うの赤いクッションを買おうとレジ前まで進んだのですが、あれが部屋にあると悪夢しか見られそうにないと思って止めましたけど。

 

バベルの塔展の記事はこちら。

melonpankuma.hatenablog.com