常温常湿希望

温度20℃湿度50%が理想です。

上野界隈

円山応挙から近代京都画壇へ@東京藝術大学大学美術館

焦げ付くような陽射しの中、上野公園を突っ切って、東京藝術大学へ向いました。 円山応挙から近代京都画壇展(キャッシュ)へです。 okyokindai2019.exhibit.jp この日、日向は焼け付くような陽射しでした。猛暑に備え薄着で出てきたのが失敗の元。美術館に…

魚河岸水神社

神田神社の社殿の回りには、お揃いの石製神明鳥居を持つ七つの末社があります。 去年の年末に完成した文化交流館のすぐ横にあるのが、魚河岸水神社です。 魚河岸水神社について。 魚河岸水神社 御祭神 弥都波能売命(ミツハノメノミコト)祭礼日 五月五日 日…

美を紡ぐ日本美術の名品@東京国立博物館

この日は築地で朝ご飯。 melonpankuma-rakugo.hatenadiary.jp 十分にお腹が満たされた後、上野公園まで走りました。連休でいつもにも増して人が多い。そして、暑い。噴水が目に涼しい季節になりました。 いつものようにトーハクへ向かいましたら、入場するの…

クリムト展@東京都美術館

上野公園です。眩しい程の陽気になりました。 東京文化会館前の通路では東京・春・音楽祭によるストラヴィンスキーとバレエ・リュスの写真展を開催中です。足を止める人が少なくありません。 私のお目当ては東京都美術館。 この春、私的注目度ナンバーワン、…

国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅@東京国立博物館 平成館

本館で両陛下と文化交流展の後期展示を観た後、平成館に移動します。 melonpankuma.hatenablog.com 国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅展を観ました。 結構な賑わいです。仏像って自分が思っている以上に人を集めるんだなあと。 www.tnm.jp 東寺は一昨年の秋に行っ…

御即位30年記念「両陛下と文化交流―日本美を伝える―」展(後期)@東京国立博物館 本館

豊洲で朝ご飯を食べた後、上野まで走りました。 melonpankuma-rakugo.hatenadiary.jp たまには不忍池へ。空が広くて気持ちが良い。 八重桜がぼんぼん咲き。このまま簪にしたいくらい素敵です。 毎度御馴染み、東京国立博物館。 前期に引き続き、「両陛下と文…

大哺乳類展2 -みんなの生き残り作戦@国立科学博物館

トーハクで二個目のお花見バッジを貰った後、科博に移動しました。 大哺乳類展2を観ます。 megalodon.jp 本展は「生き残り作戦」をテーマに、骨格標本をメインに展示して移動、食、繁殖について掘り下げています。 会場は予想以上に大混雑。耳栓なしでは過ご…

御即位30年記念「両陛下と文化交流―日本美を伝える―」展(前期)@東京国立博物館 本館

春分の日、上野公園前はすっかりピンク色でした。前記事から2日でこんなに咲いた!早いなあ。 毎度毎度のトーハクです。 この日は、本館 特別4室・特別5室で開催中の御即位30年記念「両陛下と文化交流―日本美を伝える―」展を観ました。 www.tnm.jp

日本美術の流れ@東京国立博物館 本館

上野のお山に春色が増えてきました。 ソメイヨシノが並ぶさくら通りもお花見の準備が整いました。気の早い木がちらほらあります。 噴水前のカンヒザクラがよく咲いていました。色が濃くて華やかです。 久しぶりの東京国立博物館です。一ヶ月半ぶり?かなり日…

奇想の系譜展(後期)@東京都美術館と国際子ども図書館

築地でお腹いっぱいになった後、上野に移動しました。melonpankuma-rakugo.hatenadiary.jp 都美館で開催中の奇想の系譜展の後期展示を観ました。 www.tobikan.jp 土曜日の12時に到着して入場もスムーズでした。コインロッカーの空きがギリギリでしたけども。…

奇想の系譜展(前期)@東京都美術館

東京は今年初の雪の予報だというのに、朝からいそいそとお出かけしまして、上野駅構内のたいめい軒でオムライスモーニング。すっかり満足した所で上野公園に向かいます。木々にうっすらと雪がつもっていました。 東京都美術館に向かいます。 門前に混雑はな…

博物館に初もうで@東京国立博物館 本館

2019年の博物館めぐりも、当たり前のようにトーハクからスタートしました。毎年恒例「博物館に初もうで」です。 今年は飾り付けも人の出も幾分控えめな様子。 お正月のトーハク 本館2室 国宝 松林図屏風 本館 3室 宮廷の美術―平安~室町 本館 4室 茶の美術 …

京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ@東京国立博物館平成館

東京国立博物館平成館で開催中の「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」展に行ってきました。 www.tnm.jp 京都市上京区に所在する大報恩寺は、鎌倉時代初期に開創された古刹です。釈迦如来坐像をご本尊とし、千本釈迦堂の通称で親しまれています。本展では…

日本美術の流れ@東京国立博物館 本館

霧雨の東京国立博物館です。 あまりに暑いよりは、日差しがない分雨の方が救われます。

なりきり日本美術館@東京国立博物館 本館

トーハク夏休み企画として、NHK Eテレ「びじゅチューン!」とのコラボレーション「なりきり日本美術館」が、本館1階の特別4室・特別5室を使って開催されています。 www.tnm.jp 本館の階段脇で見返り美人がギュンギュン回っているので、気が付かない人はまず…

日本美術の流れ@東京国立博物館 本館

7月下旬、不忍池の蓮が咲き始めました。 清水観音堂の月の松です。 上野公園では東京江戸ウィークという催しをやっていました。りんご飴とかの出店があって非常に心惹かれたのですが、それは帰り道で寄ることにして、いつものようにトーハクに向かいます。 …

「昆虫」展@国立科学博物館

日傘を差していても暴力的な日差しにおののく毎日です。この日は通勤電車に揉まれて上野へ向かいました。 国立科学博物館で開催中の特別展「昆虫」に突撃です。平日の朝なので、行列はありませんでした。 www.kahaku.go.jp それほど昆虫には思い入れがないの…

縄文展@東京国立博物館 平成館

土曜日だと言うのに、東京の人気の観光スポット東京国立博物館も空いていました。なにしろこの日は殺人的な暑さでしたから。 行ってきました、縄文展。 www.tnm.jp最初の土曜日でしたが、それほど混雑はありません。入口前のビデオを見てから入りました。

日本美術の流れ@東京国立博物館 本館

6月末に早々に梅雨明けし、猛烈な風で日傘もさせず、夏の日差しが照りつける不忍池。まだ蓮が咲き始めの頃でした。 風、強すぎ。 強風のため、本館の正面の扉を閉鎖していました。

日本美術の流れ@東京国立博物館 本館

少し前の訪問で既に展示を終えてしまったものもありますが、記録として残します(◉は国宝、◎は重要文化財、◯は重要美術品)。

名作誕生-つながる日本美術@東京国立博物館 平成館

新年から年度末の多忙な時期がすぎてようやく日常が戻ってきた時期、トーハクで楽しみにしていた特別展が始まりました。 www.tnm.jp 若冲展みたいなことになったらたまらないと思って、初日の朝早くから並びに上野の東京国立博物館へ行きました。全然並んで…

中国の絵画 墨の世界の生き物たち@東京国立博物館 東洋館

肌寒い天気になったこの日、モフモフした絵が多く展示してありそうなので、東洋館へ行きました。 4階に直行して8室へ。

平成30年 新指定 国宝・重要文化財@東京国立博物館 本館

密かにマイダーリンと呼んでいる野々宮図が展示されているので久々にトーハクへ(既に展示は終了)。 二週間ほど限定で「平成30年 新指定 国宝・重要文化財」を展示しています。本当は連休前から何度でも足を運びたかったのですが、期間終了間際になってよう…

吉田屋酒店

先日トーハク帰りに谷中を散策し、カヤバ珈琲の前の通りを挟んで建っている下町風俗資料館付設展示場(旧吉田屋酒店)に寄りました。 www.taitocity.net この付設展示場は、谷中6丁目で江戸時代から代々酒屋を営んでいた「吉田屋」の建物を現在地に移築したも…

東京国立博物館コレクションの保存と修理@東京国立博物館 本館

東博本館2階の特別1室で開催中の「東京国立博物館コレクションの保存と修理」を見ました。 www.tnm.jp 本特集では、東京国立博物館が手がける保存と修理の成果をより分かりやすく紹介するため、近年に解体を含む根本的な修理を終えた絵画、工芸、考古資料な…

ジャンル別展示@東京国立博物館 本館

桜のバッジを無事に受け取った後、本館1階のジャンル別展示も観ました。 以下、いつものように気になった作品についてメモを残します(◉は国宝、◎は重要文化財、◯は重要美術品)。 本館 11室 彫刻 本館 12室 漆工 本館 15室 歴史の記録 本館 18室 近代の美術

日本美術の流れ@東京国立博物館

今年の桜は咲きはじめから満開までが短かったですね。例年だと花冷えになったりして、桜の花見は大抵が修行のような状態になるのに、今年は連日お花見日より。どこもかしこも、ずっとどんちゃん騒ぎです。そんな時期、よせばいいのに上野へ行きました。しか…

トーハク能「嵐山」@東京国立博物館 平成館

桜の花が散り始め、吹き溜まりが桜色になる季節になりました。この日は夕方に東博に入り、平成館に向かって進みました。 平成館に向かう途中で、野生の獣に遭遇。耳を横に広げしっぽを下げて半腰。それ以上手ぶらで近づいたら、逃げますよのポーズ。はいはい…

ジャンル別展示@東京国立博物館 本館

天気が良いと花粉が気になる季節になりました。雛かざりの展示をお目当てに、またまた東博へ行きました。仁和寺展の入場一時間待ちの看板を横目に本館へ。ロッカーを心配しましたが、空きがあってほっとしました。

日本美術の流れ@東京国立博物館 本館

東博です。忙しさにかまけて一ヶ月ほど東博通いができずにいたら、すっかり常設展示が入れ替わってしまいました。 仁和寺展が大盛況のようで、この日も正門からの人の流れが平成館に向かっていました。話によると平日の昼で入場待ち20分とか。本館のロッカー…