常温常湿希望

温度20℃湿度50%が理想です。

~葛飾北斎のパフォーマンスに挑む~ 現代の画狂人・山口晃、大ダルマを描く!!@すみだ北斎美術館

去年オープンしたすみだ北斎美術館。行こう行こうと思いつつ混雑を嫌って機会を逸していましたが、何やら楽しげなイベントが開かれると聞いて、ようやく重い腰を上げました。大江戸線の両国駅に、お目当てのポスターが張られていました。 まずは、すみだ北斎…

大徳寺什宝展 曝涼@大徳寺

国宝展目当てに京都に行くタイミングで大徳寺の曝涼があると知りました。 この週末に国宝展に来られる方は、大徳寺の曝涼も見に行かれるのが良いと思います。(毎年10月の第二日曜日に開催されます。雨天中止ですが、今年は大丈夫そう) — みう (@hibitantan…

東寺

連休二日目は東寺へ行きましたので、その覚書です。 南門から入ります。ここは、平安京の入口である羅城門の東にありました。要は、ここは平安京の南端です。 www.toji.or.jp 東寺の境内を通り、東寺宝物館へ。 この時は「東寺観智院の歴史と美術 ―高僧と名…

長沢芦雪展 京のエンターテイナー@愛知県美術館

連休三日目は名古屋に移動して、愛知県美術館で開催されている長沢芦雪展へ。そこそこ混んではいましたが、焦るほどでもない感じ。子供の姿も多く、告知が広く行われている様子が伺えました。

開館120周年記念 特別展覧会 国宝@京都国立博物館

大阪から移動して、夜間開館日の京都国立博物館へ向かいました。今年最も注目していた京都国立博物館の国宝展です。夕方ではありますが、結構な人の流れがありました。それでもロッカーなど不足しているようなことはなく、係員も混雑に慣れた様子。とらリン…

北斎-富士を超えて-@あべのハルカス美術館

これから北斎展に行く方へ。できるだけ快適に北斎展を楽しみたい場合、今のうちなら平日の18時過ぎからが空いているようです(平日20時まで開館)。もちろん、チケットは事前にオンラインチケット、コンビニ、金券ショップなどで手に入れておきましょう。 連…

マジカルアジア@東京国立博物館東洋館

東博の東洋館では、秋フェス「博物館でアジアの旅」が開かれています。今年のテーマは「マジカル・アジア」です。博物館らしからぬ、怪しげな雰囲気に乗せられて、行ってきました。 以下に気になったものをメモとして残します(◎は重要文化財、◯は重要美術品…

運慶展@東京国立博物館 平成館

都美のボストン美術館を出た後は東博の運慶展へ。平日に入場制限がかかるようになったと小耳に挟み、出かけるのが億劫になるくらいの行列になって後悔するくらいなら、今行こうと。 人の流れが明らかに平成館に向いています。エントランスにテントが用意され…

ボストン美術館展@東京都美術館

秋も深まり、展覧会が目白押しです。運慶展が盛り上がっているので多少空いているかもと思い、なかなか足を運べなかったボストン美術館展へ行きました。 www.tobikan.jp 世界有数の規模と質を誇るボストン美術館のコレクションは、国や政府機関の経済的援助…

馬の博物館開館40周年記念所蔵名品展 馬の美術150選@馬の博物館

秋晴れの休日、横浜市の桜木町駅からバスに揺られ、馬の博物館に行きました。 なんでも、去年の馬鑑展で公開されるはずだった新作《厩図2016》が、今回本当に完成したということなので、それは行かなくちゃと。 melonpankuma.hatenablog.com と、そんな話が…

日本美術の流れ@東京国立博物館 本館

天気がよいので、散歩がてら岩佐又兵衛目当てに、東京国立博物館へ。この日は、本館2室、8室、10室だけを回りました。 本館 2室 国宝 一遍聖絵 巻第七 本館 8室 書画の展開―安土桃山~江戸 本館 10室 浮世絵と衣装―江戸(浮世絵) 以下、気になったものをメ…

六本木開館10周年記念展 天下を治めた絵師 狩野元信@サントリー美術館

台風の影響が心配された連休二日目は、小雨の中、ちぃばすでトロトロと六本木ミッドタウンへ。 サントリー美術館六本木開館10周年記念の狩野元信展に行きました。 www.suntory.co.jp 狩野元信(1477?~1559)は、室町時代より長きにわたり画壇の中…

江戸の琳派芸術@出光美術館

台風接近の連休初日、出光美術館へ行きました。 出光美術館で16年ぶりとなる江戸琳派展(リンクはキャッシュ)です。観ないわけにはいきません。 若いころから遊里・吉原にあそび、俳諧や狂歌、そして浮世絵など、市井の文化に親しく触れた抱一は、30歳代な…

江戸美術の革命ー春信の時代@千葉市美術館

なんとか春信展を観終わったと思ったら、春信にちなんだ千葉市美術館の所蔵作品展が続いていました。足は悲鳴を挙げていたし、集中力も限界に近かったけれど、せっかくの機会だから観ないわけにはいきません。 www.ccma-net.jp 「ボストン美術館浮世絵名品展…

ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信@千葉市美術館

ざっと十年ぶりに千葉中央駅に降りました。昔とはすっかり様変わりしていて、迷いそうでした。駅から歩いて15分ほどで千葉市美術館に到着。千葉市中央区役所を兼ねた立派な建物です。元は昭和2年に建てられた旧川崎銀行千葉支店の建物で、それを覆うように、…

日本の美術の流れ@東京国立博物館 本館

今日も8月上旬に行った東博の記録。 本館 2室 国宝室 本館 7室 屏風と襖絵―安土桃山~江戸 本館 8室 暮らしの調度―安土桃山・江戸 本館 8室 書画の展開―安土桃山~江戸 本館 10室 浮世絵と衣装―江戸(浮世絵) 本館 10室 浮世絵と衣装―江戸(衣装) 本館 高…

アジアギャラリー@東京国立博物館 東洋館

8月上旬、東博の東洋館に中国絵画を観に行きました。既に展示は終わっていますが、記事にしておかないと忘れるだけなので投稿します。 東洋館 8室 中国の絵画 墨の戯れ―文人の愛した植物たち― 風雪に耐え、冬でも青さを保つ松と竹、百花に先駆けて寒中に花を…

奈良美智 for better or worse @豊田市美術館

奈良美智の展覧会を目当てに豊田市美術館へ行きました。私にとっては、2006年の青森県弘前市の吉井酒造煉瓦倉庫で開催された「Yoshitomo Nara + graf: A to Z」展、2012年に横浜美術館で開催された「奈良美智: 君や 僕に ちょっと似ている」展の後、久しぶり…

下町風俗資料館

上野公園の不忍池は、蓮の茎が伸びに伸びています。盛りはとっくに過ぎていますが、この日はまだ花を見ることができました。 不忍池のほとりにある下町風俗資料館に行きました。 www.taitocity.net 一階は、大正時代の下町を再現しています。こちらは、商家…

DOGU 縄文図鑑でめぐる旅@東京国立博物館

東京国立博物館東洋館の地下一階、TNM&TOPPANミュージアムシアターでVR作品、DOGU 縄文図鑑でめぐる旅を鑑賞しました。 www.tnm.jp ナビゲーターの案内で縄文時代や土偶についてわかりやすく学ぶことができますし、東博考古学主任研究員の個人的情報まで知る…

さかざきちはるのおしごと展@吉澤ガーデンギャラリー

市川市の吉澤ガーデンギャラリーで開催中のさかざきちはるのおしごと展に行きました。JR市川駅から徒歩15分くらいの場所ですが、この日は曇っていて歩くのによい天気なのがラッキーでした。 市川市出身の絵本作家、キャラクターデザイナーとして、活動の幅を…

野口哲哉 ドローイング展 ~鎧と鉛筆~@ギャラリー玉英

前日のミヅマアートギャラリーに引き続き、この日は骨董通りのギャラリー玉英へ。 現在「野口哲哉 ドローイング展 ~鎧と鉛筆~」展を開催しています。 gyokuei.tokyo 野口氏のデッサン百数十点が展示してあります。 どれも小さなものばかりで、お値段も手頃…

池田学展「誕生」@ミヅマアートギャラリー

空はどんよりとしていますが、まるで梅雨が戻ってきたように涼しい日が続いています。 九段下から外堀通りに出て、MIZUMA ART GALLERYに到着。現在、池田学氏の「誕生」が展示されています。 池田学展「誕生」 2010年の「焦点」以来、約7年ぶりのミヅマでの…

没後40年 幻の画家 不染鉄展@東京ステーションギャラリー

東京駅です。いつ見てもかっこいい建物です。 この日の目的地は、丸の内北口改札のすぐ近くにある東京ステーションギャラリーでした。駅前ギャラリーっていいですね。 没後40年幻の画家不染鉄展を開催中。この展覧会で初めて名前を知った画家ですが、ポスタ…

葛飾北斎とその時代@あびこ市民プラザ

Twitterで面白そうな展覧会をやってると知って、我孫子市に行きました。 我孫子市民プラザで「葛飾北斎とその時代」。摘水軒の所蔵品を中心に、北斎とその周辺絵師たちの作品を公開。約50点の大半が肉筆画というのは嬉しい。扇子で紙吹雪を散らす手品師の後…

地獄絵ワンダーランド@三井記念美術館

先週ベルギーの煉獄巡りをしたばかりですが、今回は日本の地獄を巡りに、三井記念美術館へ行きました。 「地獄絵ワンダーランド」展です。 仏教の世界観である地獄と極楽は、平安時代に源信が著した『往生要集』により具体的なイメージが与えられ、絵画・彫…

「ベルギー奇想の系譜」展@Bunkamura ザ・ミュージアム

Bunkamura ザ・ミュージアムで開催されているベルギー奇想の系譜展に行きました。 www.bunkamura.co.jp いつものように、気になったものをメモとして残します。 第1章 15-17世紀のフランドル美術 第2章 19世紀末から20世紀初頭のベルギー象徴派・表現主義 第3…

「ベルギー奇想の系譜」展スペシャル・トーク@Bunkamura ザ・ミュージアム

三連休の最終日はBunkamura ザ・ミュージアムのベルギー奇想の系譜展へ。 展示作品については、別記事にのんびりまとめるとして、先に、Bunkamura内特設会場で行われたスペシャルトークイベントの様子を紹介します。個人的にフランドル絵画と日本画どちらも大…

日本美術の流れ@東京国立博物館 本館

夏休みを控え、常設展では展示替えがありました。 展示替えされたものを中心に、いつものように気になったものをメモとして残します(◉は国宝、◎は重要文化財、◯は重要美術品)。 本館 2室 国宝 華厳宗祖師絵伝 3室 仏教の美術―平安~室町 本館 3室 宮廷の美…

平成28年度新収品展@東京国立博物館 本館

東京国立博物館では、現在、平成28年度新収品の展示をしています。本館2階、特別1室と特別2室で展示されていました。 今回も気になったものをメモとして残します(◎は重要文化財)。 特別1室 特別2室 特別1室 《ワヤン・クリ 8体 インドネシア、中部ジャワ 2…